AFN FAN No.0035 タダで楽しく英語リスニング力を伸ばす!!


■ This Week's Headline
  1. Greetings
  2. AFN Listening Tips - Eagle 810 News 03/24/2004 解説
  3. Editor's Notes


◆ 1. Greetings

こんにちは、Weekly AFN fan 編集人のポチです。購読ありがとうございます。

3月の最後、31日の AFN fan (通算第35号)をお送りします。本当に周期的に天気がコロコロ変わりますが、一雨ごとに暖かくなるということで、気をとりなおして今日も元気に行ってみましょう。Here we go now.


◆ 2. AFN Listening Tips/Topics - Eagle 810 News 03/24/2004 の補足

<課題>
Eagle 810 News - Some news making headlines in Japan

課題の mp3 ファイル:
→ http://www.yokota.af.mil/afn/updates/radio/local/24Mar.mp3

バックアップとして、次の場所にもコピーを置きました。もしAFNのサーバ
がダウンしているときは、こちらをお使いください。
http://www.afnfan.net/snd/eagle24Mar.mp3

この英文ニュースのトランスクリプト:
http://www.doblog.com/weblog/myblog/1696#20040328


参考文献のURL:

1つ目の話題:
→ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fukaku_j/psi/psi.html

2つ目の話題:
→ http://www.mainichi.co.jp/digital/mobile/archive/200403/17/3.html

3つ目の話題:
→ http://www.mainichi.co.jp/digital/mobile/archive/200403/22/3.html


<大意と補足>

見出しになっている日本のニュース

(1)
合衆国と日本を含む14ヶ国は、ポーランドで来月会合を行う。目的は、大量破壊兵器に関連する材料の違法な輸出入を阻止するための訓練である。

デイリー・ヨミウリによると、日本は警察庁と税関の職員を訓練に派遣する予定であり、この種のものとしては初めてということである。

この訓練は、米国の拡散に対する安全保障構想に基づくもので、これには、国境での列車やトラックの捜査手順などが含まれる。この訓練が始まる前に、税関の職員はドイツのフランクフルトで空港税関や機内での捜索の訓練を受ける予定である。

(一言)
大量破壊兵器(weapons of mass destruction)は、WMDと頭文字だけで使われることもあるので、憶えておくと役に立つかもしれません。


(2)
独立したアンケート調査によると、約7割の高校では生徒が携帯電話を学校に
持ってくることを認めている。デイリー・ヨミウリによると、60%以上の高
校が授業中電源を切っていれば携帯電話の所持を許可しており、約33%は、
全く許可していないが、6%は特に規定を定めておらず認めている。調査では
公立高校は校舎での携帯電話の所持を禁止するように奨めているが、その理由
は出会い系サイトによって発声する犯罪が増加しているからである。このよう
な規制にもかかわらず、生徒の親が高校に要望すれば、高校はその生徒が携帯
電話を持ってくることを許可することがある。

(一言〜二言)
stem from: 〜から生じる、〜に端を発する、等

日本だけの現象なのでしょうか。。。でも欧州もかなり高校生でも携帯電話が
普及しているかもしれませんね。

(3)
もう一つの携帯電話関連のニュース。国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
は、日本語と英語を(自動的に)翻訳する(ことができる携帯)電話を開発し
た。毎日新聞によれば、その電話は2007年までに実用化可能であり、自動翻訳
機能が付属する携帯電話としては世界初ということである。日本語が電話に話
されると、文が英語に翻訳され他方の話者に返事として10秒以内に送り返さ
れる。

(一言〜二言)
vice versa: その逆に;(可逆な事柄の説明によく使われます)

技術革新の進歩は本当に日進月歩で目覚しいですね。


<聴き取りのポイント>

(1)では、proliferation という少し難しい単語が出てきますが、核拡散防止
条約、とかいうときもこの単語なので、音と一緒に憶えておきましょう。あと
難しかったのは、地名でフランクフルトですね。英語での発音をカタカナで書
くとすれば、「フラ’ンクフーッ」と二番目のフではなくてラの後ろに強勢が
来ることをまず理解していないと聞き取ることも正しい発音もできないので、
ご留意下さい。この場合はジャーマニーと国名も続いていたので、あ、そーか
と分りましたが、私も最初の1、2回は、何だこれ状態であったことを白状し
ておきますね。\(^-^)\

(2) cellular セ’リュラー が その後では省略されて cell となっています
が、もちろん生物学の細胞の意味ではありません。(もともとはそうですが)

(3) リンキングの例としては、最後の部分の ... sentences are ... 等は、
ほぼ「・・・センテンスィザー・・・」と聞こえますね。あと、ここではジェ
ンさんは親切に t の音をきちんと発音していますが、面倒臭がりの米国人に
なると、この音を例によって呑み込んでしまうので 「・・・センネンスィザ
ー・・・」くらいになり、米語の発音に慣れていないとチンプンカンプンに
なる恐れがあるので、ご留意を。(歯医者:dentistも「デ’ンニスッ」なん
て感じで話す米国人は、その辺にも多分掃いて捨てる程?いますので。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 3. Editor's Notes (編集後記)

今日は、最近頂いた興味深いお便りを紹介します:

> ■03/21/2004 No.32 のメルマガの Editor's Notes 興味深く読ませてもら
> いました。私の考えというか戯言を書いてしまいます
> ○アメリカの報道については最近はいわゆる「FOX効果」が他の報道機関に
> 及んでいるんじゃないかと考えながら見聞きしているつもりです
> FOX効果について
> http://www.nhk.or.jp/bunken/nl/n062-t.html
>
> パレスチナ関連のニュースについてはアメリカのメディアと欧州のメディア
> の報道姿勢に違いがあるように思えるのでBS1の英独仏のニュースを見るよ
> うにしています
>
> ○・愛国心を鼓舞するToby Keith の曲が大ヒットしたり、
> ・ブッシュ批判をしたDixie Chicks の曲をラジオ局がボイコットし、CDの
> 廃棄・粉砕運動が起きたり(彼女達はこんな形で抗議しましたが・・・)
> http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/2003/april/kiji/0425dixie.html
> ・アメリカ兵へのサポートを表明した3 Doors Down のWhen I'm Gone が
> 大ヒットしたり(ビデオは冒頭が空母の映像で、途中は出征兵士との別れの
> シーン、ラストに"Dedicated to all the men and women serving our
> country"
> と出てきます、米YahooのLaunchで見られます)とアメリカの雰囲気が
> ちと怖くなったものでした
>
> しかし、Black Eyed Peas のWhere Is The Love ?の大ヒットが少し
> 私に安心感を与えました(Rick Dees では2003年1位)
> こういう曲がヒットするならアメリカもまだ大丈夫だろうと
> (ベストヒットUSAで小林克也氏は「この曲はブッシュとブレアの支持率を
> 下げるのに一役買っています」とかいうような事を言っていました)
> ♪Overseas, yeah, we try to stop terrorism
> But we still got terrorists here livin' in the USA
> The big CIA, the Bloods & the Crips and the KKK
> の部分はとても印象的です
>
> ○次期大統領はだれがいいかですが、ちと古いのですが私の好きなサイト
> ではこんな結果が・・・
> http://www.meantime-jp.com/WhatsHot/USPresident.html

ということで、私も上のサイトをいくつか見てみましたが、Dixie Chicksの
抗議というのには度肝を抜かれました m(^.^);;; 見たことの無い方は、是非
ご覧下さい。とても面白く興味深いコメントどうもありがとうございました。


次回第36号は、4月4日の日曜日にリスニング・クイズ編をお届けします。

と言う訳で、今回も、最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
m(_ _)m それではまた次号で! Stay tuned and take care of yourself!

Weekly AFN Fan (毎週水曜日および日曜日発行)
Web Site → http://www.afnfan.net/
- - Weblogはほぼ毎日更新していますので、そちらも是非ご覧下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集責任者:ポチ
※ 本メルマガの内容は著作権の対象となりますが、転送はご自由にどうぞ。

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121135.htm
----------------------------------------------------------------------
Copyright (C) 2003-2004 AFN fan. All rights reserved.

  • afnfan
  • 2004/03/31 00:42
  • コメント
  • トラックバック
英語オンライン講座 | 90日で聴き取れる! | 海外サイト | 掲示板/BBS
メールアドレス:

Powered by
英会話上級を狙うネイティブ英語リスニング塾(音声付)@まぐまぐ

Trackback on "AFN FAN No.0035 タダで楽しく英語リスニング力を伸ばす!!"

このエントリーのトラックバックURL:    トラックバックについての当ブログ方針

"AFN FAN No.0035 タダで楽しく英語リスニング力を伸ばす!!"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "AFN FAN No.0035 タダで楽しく英語リスニング力を伸ばす!!"

"AFN FAN No.0035 タダで楽しく英語リスニング力を伸ばす!!"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(書ョを変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)
ブラウザに投稿情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

コメントありがとうございます。 最後に認証コード(画像の半角英数字)の入力をお願いします。
「確認」する場合は修正ページで入力してください。(サインインした場合は表示されません。