TOEICのスコアアップ対策

スコアアップの対策?

TOEICのスコアが高いことは必ずしも、英会話ができることと同じではありません。
なぜなら、ご存知の通りTOEICでは英語のリーディングの理解度(reading comprehension)とリスニングの理解度(listening comprehension)、それを支える文法や語彙(単語力、ボキャブラリー)、つまりインプットの能力しかテストされないからです。

しかし、就職や転職、昇進などの資格や要件の目安として、ある程度のTOEICの点数を獲得することが必要な場合はますます増えてきています。

(また、確かに TOEICテストの勉強をすること自体、当然英語の学習ですので、学習しただけの英語の知識は頭に入りますので。もっともスコアアップをするために学習して身に付いた英語のスキルを使わなければ、当然忘れて使い物にならなくなってしまいますが。)

TOEICのリスニング対策に対してはAFN(American Forces Network)やネットラジオを多く聞くこと、TOEICのリーディング対策としては英字新聞や英文雑誌の多読・速読をしたり、TOEICの文法や単語に関しては、TOEIC問題の多く載った問題集や参考書、教材を集中的に学習するなど、とにかく自分を英語付けの環境に置くことが対策の基本だと思います。

しかし、TOEICも試験である以上、受験テクニックに基づいてスコアアップに絞った、いわばTOEIC対策や攻略法というものも対策として存在します。

そのような対策やテクニックを多少の出費で手に入れることによって、比較的短期間でTOEICスコアの結果を出せ、自分の希望する会社に就職できたり、あるいは昇格して地位や収入が上がったりするのであれば、費用対効果が極めて高いと言えるでしょう。

もちろん、希望のTOEICスコアとそれによるステータスが得られたあとも、勉強は継続するのがこれからの厳しさを増す中で生き残るためには必要ではあります。